前十字靭帯損傷の保存治療!手術しないで1年が経過した僕の現状

knee-pain

2014年3月2日に
左膝前十字靭帯を損傷した僕。

ガチでスポーツをやるんなら、
手術をした方がいいけど。
日常生活レベルでいいなら、
しなくてもいいよ、と言われ。

アスリートを目指してるわけじゃないし、
スポーツで飯食ってるわけでもないので、
手術をしないことにしたした。

それから約1年間の
リハビリとトレーニングを続け…
今の僕の膝はどうなっているのか?

今回の記事では、
前十字靭帯損傷の保存治療!
手術しないで1年が経過した僕の現状

という内容をお届けしていきます。

前十字靭帯損傷〜リハビリまでの流れ

損傷からリハビリ開始までの流れが
こちらの記事になります。

>>前十字靭帯損傷の保存治療!整形外科受診〜リハビリ開始の流れ

損傷後、すぐにリハビリを開始できず、
3週間くらい?経過してから
ようやくリハビリが始まりました。

というのも、
膝の腫れと痛みが尋常じゃなく、
曲げ伸ばしができなかったんです。

ようやく腫れが引いてきた、
これでリハビリに取り組める〜
と思った矢先のことです。

僕の左脚(太もも)の筋肉が
めっっっちゃくちゃ萎縮して、
ガリッッッガリになっていたんです。

たった3週間でこんなに落ちるの?と
思うくらいのやせ細り具合でした。

損傷直後から自宅でできる範囲で、
チューブトレーニングなどを
積極的に行っていたのですが…

それでも筋力の低下は止められず、
左脚の筋力は右脚の半分以下まで低下。

※ちなみに・・・

右脚の筋肉が結構スゴかったらしく、
リハビリ担当の人に驚かれましたw
(ちょっとした自慢ですwww)

【簡単な比較】
※リハビリ施設にある機械で
測った時の数値

  • 一般人レベル:150前後
  • 僕の左脚(当時):60くらい
  • 僕の右脚:180くらい
			
【スポンサードリンク】

リハビリ/トレーニングの内容

1週目〜2週目頃

まずは左膝の可動域を戻すべく、
曲げ伸ばしから始まりました。

それにプラスして、
脚の上げ下げ運動(重りなし)と、
エアロバイクを漕いでいました。

この当時は痛みも腫れもあった状態なので、
それ程負荷をかけることができませんでした。

歩き方もかなり不自然。
あ、あの人、脚悪いんだな
ということが一目でわかる感じ。

意識しても正しくあるけず、
どうしてもそうなっちゃったんですよね^^;

3週目頃〜

痛み・腫れが徐々に引いてきて、
可動域も広がってきたら、
リハビリのステップが一段階アップ。

脚の上げ下げ運動を行う時に、
1kgの重りを付けて回数も増え。

エアロバイクを漕ぐ時に負荷も
以前に比べ大きくなりました。

一通りリハビリを終えると
毎回筋力測定を行っていたのですが、
左脚の筋力の回復も見て取れました。

62とか63くらいだったと思いますが、
こうやって回復が目に見えると
自然と前向きになれたものです。

6・7週目頃〜

さらにリハビリのステップがあがり、
重りが1kgから2kgへ増加。

さらに、スクワットやツイスティング、
チューブトレーニングなどのメニューも
追加されていきました。

スクワットやツイスティングの時は
膝を曲げる度に痛みがありましたが、
「これもトレーニングや・・・」と
自分に厳しく行っていました。


ここから先はしばらく、
同じようなトレーニングが続きました。

  • 脚の上げ下げ運動
    (50回×3セット 負荷2kg)
  • スクワット 50回1セット
  • ツイスティング 50回1セット
  • カーフレイズ 50回1セット
  • チューブトレーニング
  • エアロバイク 10分間

内容をまとめるとこんな感じで、
1ヶ月に3〜4回病院に通い
リハビリと筋力測定を行いました。

病院外でのトレーニングも行うように

Swindon-Gym-Weight-Training

リハビリ担当の人に相談し、
ジムに通ってもいいよ〜
という許可が出てからは、
週2ペースでジム通いを開始。

ただ、
無理をすることは禁物だったので、
出来る範囲でマシントレーニングや
ウォーキングを行いました。

おそらく、
病院外でのトレーニング、
ジム通いを続けたおかげもあって、
ある程度まで筋力が回復したのだと思います。

リハビリからの卒業

最終的に3〜4ヶ月くらい病院に通い、
診察をリハビリを続けてきました。

膝の曲げ伸ばしも出来るようになり、
可動域は問題なしのところまで回復。

ただ、筋力は相変わらず低いままで、
最終的な測定では「80〜90くらい
という数値だったと思います。

正直、
もっと回復すると思っていたのですが、
落ちた筋肉ってなかなか戻らないもの。

診察・リハビリから卒業できたのは
とりあえず嬉しかったですが。

この先もまだまだトレーニングしないと、
筋肉は戻らないな〜と思いました。

※診察・リハビリを卒業したのは、
2014年7月頃でした。

2015年4月時点での僕の膝

2014年3月に前十字靭帯を損傷、
4月〜7月まで受診とリハビリ。

7月以降は独自でジムに通い、
トレーニングを続けてきました。

前十字靭帯を損傷してから、
約1年が経過したわけですが…

左脚の太ももはまだまだ細いまま。
週2ペースでジムに通っているのに、
なかなか筋肉がついてくれません。

さらに、最近になって
膝からコリコリ音がするように…

心配になって整形外科に行ったら、
半月板を損傷していますね。
この膝、40代の膝ですよ、もう

とまで言われました。

・・・。
これからは靭帯損傷の治療ではなく、
半月板損傷の治療とトレーニングが
行われていくことになりそうです。

最後に

いかがだったでしょうか?
前十字靭帯損傷の保存治療!
手術しないで1年が経過した僕の現状

という内容をお届けしてきました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1件のコメント

  • ここ

    こんばんは。拝見させて頂きました。前十字靭帯の手術のブログは多いのですが、保存治療の体験談は大変参考になりました。その後、半月板の治療はいかがされたのでしょうか?また更新していただけたら幸いです。

コメントを残す